イギリスへの海外送金で最も安い方法と送り方を解説!

イギリスへの海外送金で最も安い方法と送り方を解説!

イギリスの通貨は「ポンド(£)」
正式名称は「スターリング・ポンド」で、補助単位としてペンスがある。(1ポンド=100ペンス)
紙幣は£5、£10、£20、£50とあるが、£50紙幣はあまり使用されていない。

余談ではあるが、ポンドはFXトレーダーの中で「殺人通貨」と呼ばれる。
その所以は出入による実体経済の為替需要が少ないことに加え、貨幣の流通量が少ないために価値が変動しやすく、ボラティリティが高いことから投機資金が流入しやすく価格が大きく変動しやすい。そのボラティリティゆえにレバレッジ取引によって破産に追い込まれるような損失を追うことがあるからそのように呼ばれる。

イギリスへの海外送金取り扱い業者

送金方法 送金手数料
受取先
三菱UFJ銀行 店頭窓口 7,500円 銀行口座
三菱UFJダイレクト 3,000円
三井住友銀行 店頭窓口 7,500円 銀行口座
SMBCダイレクト 3,500円
みずほ銀行 店頭窓口 8,500円 銀行口座
楽天銀行 インターネット 750円 銀行口座
新生銀行 インターネット 2,000円 銀行口座
ゆうちょ銀行 窓口 7,500円 銀行口座
ゆうちょダイレクト 3,000円
プレスティア 窓口 7,000円
※プレスティアゴールドは無料
銀行口座
インターネット
バンキング
3,500円
※プレスティアゴールドは無料
銀行口座
ソニー銀行 インターネット 3,000円 銀行口座
住信SBIネット銀行 インターネット 3,000円 銀行口座
Western Union 取扱店からの送金 600円~9,000円 銀行口座/取扱店窓口
SBIレミット インターネット 460円~5,980円 銀行口座/取扱店窓口
ブラステルレミット インターネット 480円~1,680円 銀行口座/取扱店窓口
Curfex インターネット 1% 銀行口座
Wise インターネット 不明 銀行口座
Revolut インターネット 0%-0.5% 銀行口座

【手数料重視】イギリスへの海外送金で最も安い送金方法

イギリスへの海外送金取り扱い業者から1,000ドル送金すると仮定しシュミレーションした結果は以下の通りです。

銀行/サービス レート
(8月2日19:00)
手数料
(※海外中継銀行手数料含まず)
必要金額
(1000ドル送金時)
三菱UFJ銀行 164.60 3,000円
(UFJダイレクト)
167,600円
三井住友銀行 161.72 3,500円
(SMBCダイレクト)
165,220円
みずほ銀行 164.54 8,500円
(窓口)
173,040円
楽天銀行 164.43 750円 165,180円
新生銀行 164.63 2,000円 166,630円
プレスティア 160.79 3,500円 164,290円
ソニー銀行 160.28 3,000円 163,280円
ウエスタンユニオン 161.290 200円 162,309円
SBIレミット 164.392 1,480円 165,863円
ブラステルレミット 163.845 1,680円 165,525円
Curfex 159.846 1,598円
(※初回無料)
161,445円
Wise 159.824 1,014円 160,838円
Revolut 159.973 0円 159,730円
※シュミレーション不可の場合、TTSを元に算出しています。
Revolut
Revolut
イギリス向け送金で最も安く送金できたのはRevolutとなりました。Revolutは送金手数料が無料です。
またRevolutはデビットカードからチャージし、海外送金をおこなえるため、例えば楽天銀行のデビットカードからチャージすれば1%のポイント還元も受けられます。(※クレジットカード、プリペイドカードからチャージした分は送金使用不可。チャージはVISAもしくはマスターカードに限られる。)
注意点は着金時に海外中継銀行手数料が徴収される場合があります。
項目名
£1,000送金時の必要資金 159,730円
内手数料 無料
レート £1=159.973円(2022年8月2日レート)

公式ページ

Wise
Wiseはランキング上では2番目となりましたが、Revolutとの最大の違いは海外中継銀行手数料が不要という点です。Wiseの海外送金はイギリスの銀行口座から振込をおこなうため、海外中継銀行手数料も不要です。また法人アカウントも作成できるため、ビジネス送金も可能です。
項目名
£1,000送金時の必要資金 160,838円
内手数料 1,014円
レート £1=159.824円(2022年8月2日レート)

公式ページ

Curfex
Curfex
Curfexは初回の送金手数料が無料です。
よって初回送金に限って言えば、132,538円で送金できる計算となるため、Revolutに次いで安く送金できます。
デメリットはCurfexは送金手数料が1%と固定されているため、高額送金になればなるほど手数料が上がってしまいます。
項目名
£1,000送金時の必要資金 161,445円
内手数料 1,598円
レート £1=159.846円(2022年8月1日レート)

公式ページ